越谷化成工業ってどんな会社

当社は、化学品専門商社の技術製造分野としてスタートし、その後分離独立した合成樹脂向け材料やファインケミカル向け加工メーカーです。具体的な業務内容は、色材(顔料)をプラスチック用着色剤に加工する事がコア事業として行っております。その中で黒の色材カーボンブラックを樹脂に高濃度で混練加工する作業が主流となります。色材を高濃度混練することで色材粒子の分散を高める事が品質優位性を得る事となり、製品開発による試作設計に始まり製造加工までの技術者及び製造オペレーターを求めております。外見は地味な作業ですが個人の技量センスが生かせる職場と思います。是非チャレンジしてみてください。

採用責任者メッセージ

生活を支える産業資材を提供し、私達の豊かな暮らしに貢献する、やりがいのある仕事です。新しいことにもチャレンジできる風通しのよい社風の中で、思い切り自分を磨くことができる職場です。

採用責任者インタビュー

INTERVIEW

宮本 武美

副工場長

会社情報

COMPANY

会社概要

社 名
越谷化成工業株式会社
ECCA CO.,LTD
代表者
取締役社長 森下 陽一郎
所在地
【本 社】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1丁目8番17号
電話 03-3861-5121(代表)
FAX 03-3861-8129
【埼玉工場】
〒366-0801
埼玉県深谷市上野台1400番地13
電話 048-573-8001(代表)
FAX 048-573-9151
創 立
1958年(昭和33年)12月1日
設 立
1976年(昭和51年)10月1日
資本金
6千万円
営業内容
プラスチック用着色材
カーボンブラックマスターバッチ、その他、マスターバッチ各種、ドライカラー
建材用着色材
セメント系着色材他、各種建材用着色材
合成樹脂用機能性材料
導電材・潤滑剤、シリコーン油及びその他ファインケミカル素材等のマスターバッチ・コンパウンド
記録材料
混錬から粉砕・分級・外添まで一貫生産による記録材料受託加工
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 大伝馬町支社
日本政策金融公庫 東京支店
みずほ銀行横山町第二部
許認可関係
ISO9001:2008
JQA-QM5328(埼玉工場)
ISO14001:2004
JQA-EM6922(埼玉工場)
PO-PL登録「MB-COLOR」他15銘柄
UL登録「ECCAUL-SH」「ECCAUL-BH」

沿革

1958年12月
株式会社森下商店(現:森下産業(株))技術製造部門として創設
1964年4月
合成樹脂及び建材用着色材(MSC COLOR、M COLOR等) の製造開始
1972年2月
カーボン黒の高濃度マスターバッチ(ROYAL BLACK) の製造加工開始
1975年8月
プラスチック用改質剤(SILICON MASTER)の製造開始
1976年10月
森下産業株式会社より技術製造部門を分離し越谷化成工業株式会社として独立
1987年8月
熊谷工業団地に埼玉工場完成。越谷工場全面移転
1992年4月
粉砕分級受託加工開始
1995年9月
トナー粉砕分級受託加工開始
1998年9月
トナー粉砕工場完成
2000年9月
ISO9001認証取得
2010年10月
導電性MB・コンパウンド製品(ROYAL CONDUCTOR)の製造加工開始
2012年12月
ISO14001認証取得

アクセス

JR高崎線・湘南新宿ライン 籠原駅より車10分
関越自動車道 花園ICより15分

お車でお越しの場合は入門して左側に来客駐車場がございます。

越谷化成工業株式会社 〒366-0801埼玉県深谷市上野台1400番地13 048-573-8001(代表)

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー